玄米 × 味噌 シリアルバーのヒミツ「味」

玄米 × 味噌 シリアルバーの味は、
現在「味噌」「梅かつお」「カレー」の3種類

  • MISO

    やさしい味噌

    どこか懐かしさを感じる、より多くの人に食べてもらえるように考えた味です。いつでもどこでも、老若男女みなさんに食べてもらいたいです。

    かみごたえがあり、お腹たまって丁度良かったです。あと、職場で食べたので、香りが控えめで良かったです。出先でも安心して食べられます。
    (ボルダリングクライマー)

  • UME

    さっぱり梅かつお

    会議や打ち合わせの前など、口の中をさっぱりしておきたい時にも安心して口にできます。運動前後のエネルギー補給にもおすすめです。

    梅味でも味噌感がある。塩分あるけど後味すっきりしている。おかしじゃなくて、ご飯らしいので、若い社員への補食提供にぴったり。
    (会計事務所女性)

  • CURRY

    しっかりカレー

    お腹が空いてるけどもうひと頑張りしたいとき、食べ応えのある補食を求めている方にぜひ食べてもらいたいです。和風のだしがきいています。

    遅くまで仕事をしていて、家に帰る前におにぎりなど食事ものを食べてしまうと「負けた感」がある。家に帰るまでに優しく腹を持たせてくれる食べ物がありそうでなかった。
    (デザイン事務所取締役)

小腹が空いた。
でも欲しいのは甘いものじゃない……。

自分のデスクの引き出しや、事務所のお菓子棚、家の冷蔵庫を見て、そう思ったことはありませんか?疲労がたまると、糖分だけでなく塩分も欲しくなってきます。塩分は健康状態によっては摂取量をコントロールする必要がありますが、人間に必要な栄養素であることは間違いありません。また、糖類は摂りすぎると血糖値が急激に上がって、ぐったりしてしまうこともあります。
巷にあるエナジーフードの多くは、原料の苦味を消すために甘い味付けになっています。ジャパンエナジーフードの玄米 × 味噌 シリアルバーは、材料にこだわり、すべての材料がそのまま食べても美味しいものを選んで、それを組み合わせて作っているので、自然に美味しく、優しい味わいが特徴です。
とはいえ、本当に美味しいバランスと、工場で作れるレベルに持っていくまで、1年以上かけて試作を繰り返し、作ってくれる工場を探し求め、やっと商品化に漕ぎ着けることができました。