登山中の食べ物におすすめ!手軽にエネルギー補給できるシリアルバー 行動別消費エネルギーと栄養について

登山はエネルギー消費量が多いスポーツのため、しっかり栄養が摂れる食べ物を持って行く必要があります。ただ、どのくらいエネルギーを消費するのかわからないことには、消費量に見合ったエネルギー量を含む食べ物を選ぶことはできません。

そこで今回は、そもそもどのような行動でどのくらいのエネルギーを消費するのか、登山・スポーツで消費するエネルギーをはじめ、日常動作で消費するエネルギーについてもご紹介します。

登山・スポーツで消費するエネルギーとは?

秋に登山する人

登山の場合(初心者コース)

初心者コースを登った場合の消費カロリーは、およそ340~400Kcalと言われています。この消費カロリーを補給する食べ物として、おにぎり(100gあたり180cal)で換算した場合、2個程度必要になります。

なお、登山はウォーキングの2倍ほどのエネルギー消費量があり、登り降りが多い登山では塩分補給も大切です。

ボクササイズの場合

ボクササイズをした場合の消費カロリーは、およそ370~450kcalと言われています。この消費カロリーを補給する食べ物として、おにぎり(100gあたり180cal)で換算した場合、2個~2.5個程度必要になります。

水泳の場合(クロール・平泳ぎなど)

クロールや平泳ぎを1時間したと仮定すると、消費カロリーはおよそ700~900kcalと言われています。この消費カロリーを補給する食べ物として、おにぎり(100gあたり180cal)で換算した場合、4個~5個程度必要になります。

おにぎりは炭水化物で体を動かすためのエネルギー源になりますが、糖質を含んでいるため、摂取し過ぎると肥満を招くおそれがあります。また、何を食べるかに関わらず、食べ過ぎは消化不良による全身に疲れを招きます。

そのためスポーツをする際は、手軽にエネルギーや栄養補給ができるシリアルバーをご活用ください。

日常動作で消費するエネルギーとは?

掃除機をかける女性

日常動作と言えば、家事や仕事などを思い浮かべると思いますが、実は寝ている間もカロリーを消費しています。

こちらでは、日常の行動で消費するエネルギーをご紹介します。

  • 15分掃除機をかけた場合の消費カロリー…およそ35~53kcal
  • 10分皿洗いをした場合の消費カロリー…およそ18~32kcal
  • 20分入浴した場合の消費カロリー…およそ32~56kcal
  • 15分シャワーを浴びた場合の消費カロリー…およそ47~84kcal
  • 20分ジョギングをした場合の消費カロリー…およそ110~196kcal
  • 60分デスクワークした場合の消費カロリー…およそ85~151kcal
  • 420分(7時間)睡眠をとった場合の消費カロリー…およそ450kcal

意外と、行動中よりも寝ている時間の方が、消費カロリーが大きいことがわかります。消費量に見合ったエネルギー量の摂取を心がけましょう。

食べ物で上手に栄養補給!ジャパンエナジーフードのシリアルバー

登山やスポーツ、日常生活で消費するエネルギーについてご紹介しました。

ジャパンエナジーフードが提供する玄米×味噌シリアルバーは持ち運びしやすく、栄養を豊富に含んでいるため、登山やスポーツはもちろん仕事の合間にエネルギーチャージとして食べることができます。もちろん、運動中のエネルギー補給にもぴったりです。化学調味料や保存料は不使用で、国産素材を使用しています。

“からだにも美味しい補食”をお探しの方は、ぜひお試しください。

登山に持っていく食べ物ならジャパンエナジーフードのシリアルバーをお選びください

会社名 ジャパンエナジーフード合同会社
JAPAN ENERGY FOOD .Inc
代表者 代表社員 相澤 和宏
会社設立 2019年4月
資本金 300万円
所在地
  • [横浜本社]
    〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3535
  • [湘南キッチンオフィス]
    〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘2-1-1
  • [東京営業所]
    〒101-0025 東京都千代田区 神田佐久間町1-14 第二東ビル303
    (コワーキングスペースrampart)
FAQ・お問い合わせ お問い合わせはこちら
URL https://energyfood.co.jp
ジャパンエナジーバー
ジャパンエナジーバー ご購入はこちら