【シリアルバー】和食はなぜヘルシー?栄養バランスの良い人気のシリアルバー

「自然の尊重」という日本人の精神に基づき、日本になじみ深い食品を用いて季節感を表現した「和食」。ユネスコ無形文化遺産登録を契機に、国内はもとより世界中から大きな関心が寄せられるようになりました。

日本独自の料理や慣習などを総評しての登録となりますが、新鮮な魚や野菜を使った動物性脂肪分の少ない“ヘルシーフード”として人気に火がつき、その栄養バランスに注目が集まっています。

しかしながら忙しい現代人にとって、化学調味料に頼らず素材から出汁をとる和食は、なかなか口にできないジレンマもあります。そのような時には、ヘルシーなシリアルバーを上手に活用し、美味しく楽しく食生活を整えてみませんか?

こちらでは、和食をテーマにしたシリアルバーを提供するジャパンエナジーフードが、和食のユネスコ無形文化遺産登録と、和食がヘルシーである理由についてまとめています。

「和食」のユネスコ無形文化遺産登録 国内から世界へ

和食

2013年12月、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。正確には、料理そのものだけではなく、自然を敬うという日本人の精神に基づいた食に関する社会的慣習を含めた「和食;日本人の伝統的な食文化」として、世界的に認められました。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化には、次の4つの特徴があります。

  • 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
  • 健康的な食生活を支える栄養バランス
  • 自然の美しさや季節の移ろいの表現
  • 正月などの年中行事との密接な関わり

料理そのものとしては、生鮮食品を使った「一汁三菜」を基本としていることから、動物性脂肪分の摂取量が少ないのが特徴です。

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録される以前、1965年から2012年までの1人当たりの品目別消費量の推移[注1]では肉類や乳製品の増加が見られ、欧米的な食文化が進行していました。このことから、家庭で和食を調理する機会は減少し、正月におせち料理を食べるなど和食文化に伴う慣習も薄れつつあったと言えます。

しかしながら、和食文化が無形文化遺産として認められるようになると、国内では和食文化の良さが見直されるようになり、世界中から“ヘルシーフード”として大きな関心が寄せられるようになりました。

[注1]1 「和食」のユネスコ無形文化遺産登録?次世代に伝える日本の食文化?

(図1-5)1人当たりの品目別消費量の推移(昭和40(1965)年度=100)

人気の和食はなぜヘルシーなのか?

和食はヘルシーというイメージが定着してから、ダイエットをする人からも注目を浴びるほど人気が高いです。そんな和食がヘルシーとされる理由は、使われている食材の栄養と食べ方にあります。

一汁三菜で栄養バランスが良いから

和食がヘルシーと言われるのは、一度の食事でご飯・汁物・おかず3種(主菜1品、副菜2品)から栄養を摂れるからです。お米だけだと糖質は高くなりますが、他の食材を上手に組み合わせることで、糖質を下げる工夫や脂肪の摂りすぎを防いでいます。また、和食には味噌や醤油などの発酵食品が多く使われており、発酵の力でさらに栄養的に優れた食事になっています。

調理法がヘルシーだから

天ぷらなどの揚げ物は別として、和食は煮物や焼き物、蒸し物なども多く、油を使わない分ヘルシーに仕上げることができます。特に人気の寿司は他の国にはない生の調理法もあり、基本的には油を使わないでも調理できるようになっています。

和食は出汁を食べる料理とも言われるくらい、昆布やかつお節からうま味成分を抽出することもヘルシーさの一つ。素材の味を楽しむために薄味にすることも、和食がヘルシーとされる理由と言えます。

ジャパンエナジーフードのヘルシーなシリアルバー

3つのシリアルバー

ジャパンエナジーフードは、日本人に親しみやすい味のヘルシーな玄米×味噌シリアルバーを提供しています。やさしい味噌味、さっぱり梅かつお味、しっかりカレー味の3種類。甘くなく食べやすいと人気のシリアルバーです。

素材の良さがわかる味

砂糖のような強い甘さではなく、食材本来の味を活かしたシリアルバーは、その手軽さから食事の時間が取れないなど、忙しい方の朝食にもぴったりです。また、仕事で疲れている時は糖分も欲しくなりますが、同時に塩分も欲しくなります。そのような時、玄米×味噌シリアルバーは両方を兼ね備えていますので、飽きずに食べ進められます。

栄養バランスの良い人気のシリアルバーならジャパンエナジーフード

私たちの元気の源となる栄養素をバランス良く摂るには、毎日の食事を工夫する必要があります。食生活は主食・主菜・副菜を基本に、食事のバランスを考えることが大切です。

ジャパンエナジーフードでは、和食をテーマにした栄養バランスの良い人気のシリアルバーを販売しています。化学調味料、人工甘味料、ビタミン剤などの添加物は一切使用せずに作っていますので、お求めの方は便利な通販をご利用ください。

ヘルシーなシリアルバーをお探しならジャパンエナジーフード

会社名 ジャパンエナジーフード合同会社
JAPAN ENERGY FOOD .Inc
代表者 代表社員 相澤 和宏
会社設立 2019年4月
資本金 300万円
所在地
  • [横浜本社]
    〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3535
  • [湘南キッチンオフィス]
    〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘2-1-1
  • [東京営業所]
    〒101-0025 東京都千代田区 神田佐久間町1-14 第二東ビル303
    (コワーキングスペースrampart)
FAQ・お問い合わせ お問い合わせはこちら
URL https://energyfood.co.jp
ジャパンエナジーバー
ジャパンエナジーバー ご購入はこちら